新光苑は埼玉県熊谷市にある施設入所支援・生活介護・短期入所を行う障害者支援施設です

Serviceサービス内容

Greeting苑長挨拶

苑長 西田良次 苑長 西田良次

「障害者が『生きがい』の持てる施設を作りたい」

私の次女は産まれた直後、脳性麻痺という障害を持ちました。
以来、半世紀以上にわたって、重い障害を持って生まれた娘のために、親の責任として「父母の会」を結成し、肢体不自由児養護学校の誘致や授産施設の建設運営等、積極的に脳性麻痺者の福祉の向上に取り組んできました。
そして、平成元年「熊谷地区父母の会」12名会員の「熱き想い」によって「新光苑」が設立されました。

重い障害者を持った保護者によって作られた入所施設は、他にはないと聞いております。
「快適に過ごして欲しい」「充実した時間を過ごして欲しい」
施設を設立するにあたっては、我が子を思う親の視点を何よりも大切にしました。

本苑は全国唯一の「脳性麻痺者専門施設」として、建物は鉄筋コンクリート平屋建ての耐震耐火構造、全館床暖房、幅員3mの廊下と日中の自然採光、広い廊下の壁面を利用しての美術館等、数多くの特徴を備えた施設です。
本苑は創設の理念に基づき、利用者主役の「生きがいの持てる施設」として、最新の設備と充実した職員の協力によって、日本一の施設を目標に歩んでゆく決意です。

Museum新光苑美術館

新光苑美術館

障害者施設というと、どうしても一般の皆様との交流が生まれにくいのが現状です。この事は本苑だけでなく全ての施設共通の悩みです。
平成26年、入所支援棟40室の増設に当たり、設計段階から絵画の展示空間を考え「障害者施設内美術館」としてオープンしました。本美術館に展示されている美術品の全ては、創設者西田夫妻が長年に亘り収集したコレクションの寄贈によるもので、新光苑として購入したものではありません。
館内は全て床暖房で、広い廊下の吹き抜けから明るい自然光が差し込み、照明の要らない絵画の鑑賞が出来ます。
皆様のご来苑を心よりお待ち申し上げております。

詳しくはこちら